フィールドネットワークコントローラ制御装置

CC-Link シリーズ
  • CCL-PS2シリーズ
  • CCL-MFCシリーズ
  • CCL-CM
  • CCL-TM4
  • CCL-A4D4
  • CCL-GW
DeviceNet シリーズ
  • DNS-PS2
  • DNS-MFC
  • DNS-GW
MECHATROLINK シリーズ
  • MTL-GW

お問い合わせは042-471-2587(月〜金/午前9時〜午後5時まで)

土・日・祝日および時間外のお問い合わせ

  • 図面ダウンロード
  • 資料ダウンロード

CC-Link シリーズ

CCL-A4D4

+スペック一覧

CCL-A4D4イメージ
  • CCL-A4D4製品画像1を拡大する
  • CCL-A4D4製品画像2を拡大する
特長
  • アナログユニットの自動制御装置に最適な、高性能4CHアナログ入出力インターフェースユニットです
  • 内部処理速度 約4ms
  • D/A 4CH 12bit分解能
  • A/D 4CH 12bit分解能 差動入力
  • 外部電源入力部と内部回路はアイソレートしております
ダウンロード資料(PDF)
  • 仕様書
  • 外形図
  • ブロック図
  • インターフェイス
  • シーケンスフロチャート
  • リモートレジスタ
  • DINレール取付金具
CCL-A4D4のスペック一覧
項目 内容
外形寸法(mm) W24 × D95 × H130 突起物除く
質量 400g
電源部 DC24V±10% (I=100mA max)
D/A部 4ch 0~10V FS=4000d Z=100Ω
D/A内部処理速度 約2ms (CC-Linkのリンクスキャンタイムに依存)
A/D部 4ch 0~10V 差動入力 FS=4000d
A/D内部処理速度 約2ms (CC-Linkのリンクスキャンタイムに依存)
I/Fコネクタ D-sub9S(メス)×2個
占有局数(局タイプ) 2局(リモ-トデバイス局)

注1)リモートREADYフラグについて
PLC側よりD/A設定値変更または出力許可/禁止命令を実行されますと、本フラグは一端OFFになり、D/A更新処理が完了するとONとなりますので、出力電圧を連続して可変するような場合には、出力許可/禁止フラグとANDはとらないように注意してください。本フラグに連動して出力が設定値電圧から一端0V出力してしまいます。

注2)A/D,D/A変換許可/禁止指定フラグについて
PLCをRUNからRESETにすると、本ユニットは、デフォルト値に書き換えてしまいますので、通常のイニシャライズ手順とは別に、常時ONと、リモートREADYフラグと、許可/禁止指定設定のAND回路を追加してください。

製品に関する「ご相談」「カスタマイズ」のご希望などははお気軽にご連絡ください

製品に関するお問い合わせ